実地指導とは

【行政による実地指導】

 現在、年間200件前後の介護事業所が指定取消等行政による処分を受けています。

業務停止の処分がされている間は、利用者の方にもサービス提供は行えず別の介護事業所へサービス提供をお願いするなど一時的であっても業務停止となると、利用者が戻ってこなくなるなどリスクを伴います。もちろん、介護事業所の信用問題ともなるため日頃から違反のない運営を行うよう、知らなかった、という事のないよう複雑な仕組みを理解する努力が必要です。介護事業所は、許認可事業のため、諸法令をしっかり理解し適切な運営を行いましょう。

 この実地指導において、就業規則の確認や出勤簿により勤務状況の確認、常勤換算計算の確認、衛生管理体制の確認など細かくチェックを受けます。日頃から労働や安全衛生管理体制について整備しそれに基づいた運用を行えるよう、支援いたします。