当社が行う支援

 日本の労働現場は、これまでの働き方を見直し、労働者は自身のキャリアの形成を自発的に行い、経営者は多様な雇用形態、働き方への対応や健康で働ける企業作りと、様々な改革がなされています。

 また、超高齢社会により介護・医療・労働の各方面では混乱を生じており、その解決策は必ずしもベストな状態であるとは言い難い現状にあります。病院や施設等、高齢者の医療や介護を提供する現場は、超高齢社会に向けて急速に整備を進めていかなくてはなりません。

 

 そこで、当社は当社だからこそできる各種支援メニューをご提案致します。

介護施設・地域医療に関する支援

 介護職者のキャリアパスのため、各種支援を行います。また、これまで看護師が行ってきた医療行為を行う現在の介護業界で働く皆様に、胃ろう、吸引といった行為や看取りを安心して行えるよう、各施設等に応じた対策を講じます。

 看護の現場においては、病院施設・訪問看護ステーション等にヒアリングを行いそれぞれに即した形で新人研修、中途採用者研修等の研修コンテンツの作成、看護現場のコンサルテーションを行います。

労働・健康に関する支援

 経営者の皆様が企業にあった適切な労務管理を行い、労働者の能力をしっかり評価し、さらなる能力向上の支援、健康で働き続ける事ができるよう「働きやすい職場づくり」の支援を行います。労務管理、人事評価、業務効率化、健康管理等、様々な労働と健康に関する最適な提案を行い、その運用サポートをします。

人材育成に関する支援

 企業の課題をヒアリングしその状況を確認し、課題に応じた人材育成計画を作成します。時代とニーズの変化に柔軟に対応できる人材の育成を行い、能力が正当に評価されるような仕組み作りに繋げます。資料作成・講師を請け負い、ライブ研修やE-learningシステムを利用し知識のブラッシュアップを図る事ができるよう、教育的・情報的側面からの支援を行います。

就労支援

 がんサバイバーをはじめ、健康上の課題を抱えた方々とそのご家族の「どのように闘病生活と労働の調和をはかりながら社会で活躍し生活していくのか」そんな悩みの解決支援を行います。同時に、経営者の皆様が、健康上の課題を抱えた従業員が働き続けることを可能にする労働環境と就労条件をどのように整備したら良いかご提案いたします。

  健康な方も健康上の課題を抱えた方も、一人ひとりがで活き活きと働き、どのようなキャリア形成をし自分だけの働き方、生き方ができるか、その答えを見つけるお手伝いをします。