介護技能実習に外国人(まずはベトナム1万人から)

 今年11月から介護分野でベトナムの外国人技能実習生の受け入れが始まります。

 まずは、ベトナムから3年間で1万人の参加を見込んでおり、「ベトナム・モデルルート」と呼ぶ支援制度を構築するとの事。

 外国人が技能実習制度を希望する場合、日本語能力試験などで一定のレベルに達する必要がありますが、介護分野については、2018年度から専門の新たな日本語テストを創設し、介護の現場に即した知識やコミュニケーションに必要な用語などを重点的にテストを行います。

 国内では介護の人材不足が深刻化しており、介護業界では外国人材の活用に期待が高まっています。

 

 弊社は、このような介護現場における外国人材の活用の際にトラブル予防のため、母国語による労働条件の理解促進、介護知識の習得の支援を行います。お問い合わせください。