監督指導による賃金不払い残業是正結果

 厚生労働省は、平成28年度の時間外労働等に対する割増賃金を支払っていない企業に対し、労働基準法違反で是正指導した結果を公表しました。

 全国の労働基準監督署が、労働者からの申告や様々な情報に基づき企業へ監督指導を行った結果平成28年4月から平成29年3月までの間の結果は下記のとおりです。

 

・是正企業数・・・1,349企業。このうち1,000万円以上の割増賃金を支払ったのは、184企業。

・支払われた割増賃金合計額・・・127億2,327万円

・対象労働者数・・・9万7,978人

・支払われた割増賃金の平均額・・・1企業あたり943万円、1労働者あたり13万円

(詳しくは厚生労働省のホームページへhttp://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000174218.html)

 

 今後も、厚生労働省における賃金不払残業の解消にむけた取り組みや労働基準監督署による指導は強化されていきますので、これまで以上の労務管理の徹底、経営者による労働基準法の理解が必要と考えます。弊社は、日々の労務管理の運用・指導等をお手伝いさせて頂きます。お問い合わせ下さい。