改正育児介護休業法(平成29年10月1日施行)

 保育所に入れない等の場合に育児休業期間を「最長2歳まで」延長可能とする改正育児・介護休業法の施行に伴い、育児休業の申出時期に「保育所待機等特別な事情がある場合の1歳6か月から2歳に達するまでの子を養育するための育児休業」が追加されました。この改正に より、1歳6カ月から2歳までの育児休業の対象となるのは、平成28年3月31日以降に生まれた(生まれる)子を養育する労働者です。なお、労働者から事業主への申出は、書面により育児休業開始日の2週間前までに行うこととされています。

 

 社会保険労務士として、これまで育児休業について手続きをしていると、1歳までと言っても本当に1歳で予定通り復職された方は少数で、1歳6か月まで延長をするパターンが非常に多かったです。私自身も保育園には入れなかったのですが、働きたくとも預ける場所がないお母さん・お父さんにとって復職できる職場がありながら安心して育児休業できる労働環境の整備はどんどん進めて欲しいですね。

 

 とは言っても、これだけの長い期間仕事を離れるという事は、企業側も労働者側もそれぞれ不安があるかと思います。弊社は、在宅勤務等の働き方のご提案も行っています。ご相談下さい。